この空前の大ヒットをめぐって、さまざまな考察や論考の記事は増える一方である